ベイビーサポート

ベイビーサポートの効果|男の子・女の子を授かるのに効果があるのはどんな成分?

更新日:

「男の子がほしい」「女の子がほしい」と希望しているママたちに絶大な人気を誇るベイビーサポートですが、実際どういった仕組みで希望の性別の赤ちゃんを授かることが可能になるのでしょうか?

ベイビーサポートが高い効果を発揮するのは、その成分に秘密があります。

ここでは、ベイビーサポートが効果を発揮する仕組みと、有効な成分をご紹介していきます。

 

ベイビーサポートで男の子・女の子の授かり効果が高くなる仕組み

ベイビーサポートを使えば希望の性別の赤ちゃんを授かる可能性が高まると言いますが、「どうしてゼリーを使うとができるんだろう?」と疑問に思う人も多いはず。

そこでベイビーサポートで効果が高くなる仕組みを詳しく説明していきます。

赤ちゃんの性別が決まるのは、ママの卵子とパパの精子が受精したとき。

この受精卵の「染色体の組み合わせ」が性別を決定します。

X染色体をもつ精子が卵子と受精すると、XX染色体の受精卵=女の子

Y染色体をもつ精子が卵子と受精すると、XY染色体の受精卵=男の子

になるんです。

そして、X染色体をもつ精子とY染色体をもつ精子にはそれぞれ大きな特徴があって、

精子の染色体 受精卵の性別 特徴
X染色体をもつ精子 女の子 酸性に強く、アルカリ性に弱い
Y染色体をもつ精子 男の子 アルカリ性に強く、酸性に弱い

この特徴をうまく使って男の子・女の子を授かる可能性を広げるのが、潤滑ゼリーの役割なんです。

つまり、

ベイビーサポートで膣内を酸性に傾ける⇒女の子になる精子に有利になるので、女の子を授かりやすくなる

ベイビーサポートで膣内をアルカリ性に傾ける⇒男の子になる精子に有利になるので、男の子を授かりやすくなる

これが、ベイビーサポートで効果を高くできる仕組みなんです。

 

ベイビーサポートに入っている「男の子」「女の子」授かりのための成分とは?

精子の特徴をうまく活かして希望の性別の赤ちゃんを授かる可能性を高くするためには、膣内のpH値(酸性かアルカリ性か)を調整するための成分が必要になります。

そのため、

ベイビーサポート for ガール(女の子用)には、膣内を酸性に傾けるための成分

ベイビーサポート for ボーイ(男の子用)には、膣内をアルカリ性に傾けるための成分

が配合されているのです。

具体的には、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸といったpH値を調整するための成分に加えて、

女の子用には酸性の保湿剤「レモン果汁」

男の子用にはアルカリ性の保湿剤「褐藻エキス」

がそれぞれ配合されています。

これらの成分が、ベイビーサポートで可能性を高める働きをしているというわけですね。

ベイビーサポートで妊活を始める
▼ ▼ ▼

ベイビーサポートのメリットだけでなくデメリットも詳しく知りたいという方は、こちらの記事をチェックしてみてください。

>>【ベイビーサポート】先輩ママたちの口コミ&実際に使って分かったメリットとデメリット

-ベイビーサポート

Copyright© 迷ったらチェック!通販の男の子用・女の子用潤滑ゼリー全比較|あなたにおすすめの潤滑ゼリーは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.