産み分けゼリーの基本

産み分けゼリーで失敗した人の口コミをチェック|産み分けゼリーは使わない方がいい?

更新日:

産み分けゼリーの口コミを見ていると、どうしても「成功した人」の体験談ばかりが目に入ってきます。

そんな口コミを見ていると、「成功した人の口コミしかないなんて、本当はステマなんじゃないの?」と不審に思ったりもしますよね。

そう、実際には、産み分けゼリーを使ったからといって100%の確率で産み分けに成功するわけではありません。

なので、「成功した」「希望通りの性別の赤ちゃんを授かることができた」という声の裏には、「ゼリーを使ったけど、産み分けには失敗した」という人だって存在するんです。

そこで、ここでは「産み分けゼリーを使ったけど産み分けに失敗した」というママたちの口コミを集めてみました。

「失敗するなら産み分けゼリーなんて使わない方がいいのかな?」

という疑問を解決するヒントがありますので、産み分けゼリーを使おうか迷っている人は参考にしてみてください。

 

産み分けゼリーを使ったけど産み分けに失敗した人の口コミ

1人目が男の子で、2人目は女の子がほしいと思い試してみましたが、2人目も男の子でした。 でも試してみてよかったと思います!【京都府 Y.N様】

サッと使えてよかったです!結果、希望とは違う性別でしたが、使用を決める前に旦那とよく相談して、希望と違った場合でも必ず産むこと、ガッカリしすぎずに受け入れることを約束して使用しました。 三兄弟になりましたが、我が子は可愛くて可愛くて、三兄弟を前向きに受け入れ、本当に楽しく育児しています! 産み分けゼリーを使っても女の子じゃなかった、ということで自分達の中でもいい区切りになって、未練や後悔など全くなく過ごせています!ありがとうございました!【埼玉県 Y.Y様】

男の子が欲しくて、ゼリーを購入し挑戦してすぐに赤ちゃんが出来ました。(第1子もすぐ出来ました)性別がわかるまで楽しみでした。 しかし、結果は女の子。旦那さんが男の子が欲しいと言っていたので、期待に応えられなかったことが申し訳なくて、性別がわかった日に旦那さんに「男の子じゃなくてごめんね」と泣きながら伝えたところ、「俺は、自分が結婚出来たことだけでもありがたいと思っててその上子どもを抱くことができて性別まで望みどおりにしたいなんて贅沢すぎるって思ってた。 女の子でも嬉しい。」と言ってくれて、家族の絆が深まりました! 元気な赤ちゃんが生まれてきてくれて今、6ヶ月です。毎日幸せです。【福岡県 H.N様】

今回は残念ながら男の子でした。 今回2人目は男の子なのでどうしても女の子がほしいのですが次はどうしようかと悩み中です!【静岡県 N.I様】

最初は慣れていないので使い方に手間取りましたが、思っていたよりはやりやすくて問題なく使用することができました。性別ですが、女の子を希望していましたが、先日男の子の可能性が高いということが分かりました。希望とは違う結果になりそうですが、妊活を始めてすぐ妊娠することができ、ゼリーのおかげもあるかなと思っているので特に不満はありません。授かれて嬉しい限りです。迅速で丁寧な対応をしていただき、ありがとうございました。【東京都K.M様】

このように、実際に産み分けゼリーを使った人たちの中には「希望の性別じゃなかった」という方もいることが分かります。

産み分けゼリーを使ったからと言って100%確実に希望どおりの性別の赤ちゃんを迎えらられるわけではないということですね。

 

産み分けゼリーを使って失敗するのは何割くらい?

では、実際に産み分けゼリーの失敗の可能性というのは何割くらいなのでしょうか。

ハローベビーやベイビーサポートが独自で行った使用者アンケートによると、80%近くの方が「希望どおりの性別の赤ちゃんを授かれた」という結果が出ています。

逆に考えると、20%くらいの人は、産み分けゼリーを使っても希望どおりの結果を得られなかったということになりますね。

 

失敗するなら産み分けゼリーを使っても無駄?他の産み分け方法と比較

「産み分けゼリーを使っても失敗することがあるなら、使うだけ無駄」なのでしょうか?

他の産み分け方法と成功率・失敗率を比べてみました。

成功率 失敗率
何もしない場合 50% 50%
産み分けゼリー 約80% 約20%
産婦人科での産み分け指導 約80% 約20%
海外での着床前診断による産み分け ほぼ100% ほぼ0%

産み分けをしない場合は、当然のことながら男の子・女の子が生まれる確率は50%ずつです。つまり、希望どおりの性別の赤ちゃんが生まれない確率も50%ということですね。

一方で、産み分けゼリーを使って産み分け妊活に挑戦した場合、失敗の確率は約20%。これは、産婦人科での産み分け指導を受けた場合の確率とほぼ同じです。

産み分けゼリーが特に「失敗しやすい」というわけではないことが分かりますね。

これ以上に成功率が高いのは、海外での「着床前診断」による産み分けのみ。数百万円の費用がかかりますが、受精卵の染色体を確認したうえで子宮に戻すので、「希望していた性別とは違った」ということは基本的にありません。

なので、もし「絶対に男の子または女の子じゃないとイヤ、失敗は受け入れられない」という方は、産み分けゼリーではなく、お金は相当かかりますが海外での着床前診断に挑戦するしかないでしょう。

 

産み分けゼリーで成功率をより高めるためのポイント

産み分けゼリーでも、より成功確率をアップさせるためにできるプラスαのポイントがあります。

女の子がほしい場合

女の子になる精子に有利な環境を作るには、できるだけ膣内が「酸性」の状態を保つことが大事です。

そのためには、次のポイントを押さえるようにしましょう。

排卵日の2日前に性交をする

あっさりとした性交をこころがける

男の子がほしい場合

男の子になる精子に有利な環境を作るには、できるだけ膣内が「アルカリ性」の状態を保つことが大事です。

そのためには、次のポイントを押さえるようにしましょう。

排卵日当日に性交をする

濃密な性交をこころがける

産み分けゼリーで成功したママたちの中には、「ゼリーを使ったらそれで終わり」ではなく、こうした細かい点にも注意して産み分けに挑戦している方が多くいます。

「やれることはきっちりやる」

これこそが、産み分けの成功率を高めるための秘訣と言えるでしょう。

”失敗”の口コミから分かった「それでも産み分けゼリーを使う理由」とは?

今回、産み分けに失敗したというママたちの口コミを調べてみて、改めて「産み分けゼリーを使う理由」について考えてみました。

実際、希望の性別とは違う赤ちゃんを授かったというママたちの口コミを見ても、「こんなことなら、産み分けゼリーを使わなければよかった」という人はいないんですよね。

逆に、「やれるだけのことはやったからこそ、違う性別の赤ちゃんでもちゃんと受け入れることができた」と、新しい家族を幸せに迎え入れられた人が多いようです。

失敗するかもしれないけど、何もしないより成功確率が上がるなら試してみたい

何もしないで「あのとき試してみればよかった」と後悔したくない

自分たちにできることはすべてやりきりたい

こうした思いが少しでもあるなら、産み分けゼリーを試してみることをおすすめします。

もちろん、ここで紹介した「失敗した」という口コミの何倍も「希望通りの結果になった」という声は各メーカーに届いていますので、嬉しい結果を迎えられる可能性はグンと高まります。

女の子がほしい、男の子がほしいと願う気持ちはとても自然で純粋なもの。

その純粋な気持ちのために、産み分けゼリーという選択肢を選ぶことで結果に納得して新しい家族を迎えられるということなんですね。

 

▼自分にピッタリな通販の産み分けゼリーを探したいなら、こちらの記事をチェックしてください。

>>迷ったらチェック!通販の産み分けゼリー全比較|あなたにおすすめの産み分けゼリーは?

【当サイトおすすめ】高い成功率で選ぶなら「ハローベビー」

使用者アンケートで78%の高い成功実績

精子の動きを活発にする成分で妊活もサポート

国産成分を使って安心の国内製造

妊活サプリ「プレグナオールママ」無料プレゼント

おめでた報告で1万円分の商品券プレゼント

成功率を高める秘訣「ハローベビーチェッカー」(排卵日計算システム)

-産み分けゼリーの基本

Copyright© 迷ったらチェック!通販の産み分けゼリー全比較|あなたにおすすめの産み分けゼリーは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.