男の子用・女の子用潤滑ゼリーの基本

使う前に知っておきたい!男の子用・女の子用潤滑ゼリー3つのデメリット

更新日:

ここ最近、通販で手軽に買えるゼリーが続々と発売されたこともあって、男の子用・女の子用潤滑ゼリーを使うご夫婦の数も年々増えています。

とは言っても、男の子用・女の子用潤滑ゼリーは万能薬ではありません。

簡単手軽にチャレンジできるという大きなメリットもありますが、その一方で「デメリット」と感じるような部分もあるのです。

購入して使ってから「こんなはずじゃなかった...!」と後悔しないためにも、男の子用・女の子用潤滑ゼリーのデメリットをしっかり理解して妊活に取り組むようにしてください。

 

100%確実に希望の性別の赤ちゃんを授かれるわけではない

男の子用・女の子用潤滑ゼリーを使ったとしても、絶対に確実に希望の性別の赤ちゃんを迎えられるわけではありません

ハローべビーが利用者に行ったアンケートによると、希望通りの結果になったのは約78%

ふつうに何も使わなければ確率は50%ですので、それと比べるとかなり確率を高めることができるのは分かります。

ただ、それでも約22%の人は希望通りの結果が出なかったということです。

「絶対に成功したい、希望どおりの性別の赤ちゃん以外はほしくない!」

もしそう思っているなら、ゼリーに頼って挑戦することはおすすめできません。

病院で指導を受けたとしても、成功率は70~80%くらいです。100%ほぼ確実に希望の性別の赤ちゃんを授かりたいなら、アメリカなど「着床前診断」による男の子・女の子の選択が認められている国で挑戦するしかないでしょう。ただ、その場合、渡航費も含めて数百万円の費用がかかります。

 

結果が出るまで時間がかかる場合がある

男の子用・女の子用潤滑ゼリーを使う場合、挑戦する最適なタイミングは1か月に1~2日です。

女の子を希望するなら排卵日の2日前、男の子なら排卵日当日が最適。

そのタイミングでうまくいかなければ、次の排卵日付近まで1か月ほど待たないといけません。

挑戦できる回数が少なくなるので、結果が出るまでにはある程度の時間がかかることは覚悟しておいた方がいいでしょう。

もちろん、中には1回目の挑戦で妊娠、しかも希望通りの性別の赤ちゃんを授かったという方もいるようです。

ですが、その一方で、1年以上の時間をかけて取り組んだという方もいますし、どちらかと言うと1回で成功する人の方が少ないでしょう。

「1回、それが無理なら2~3か月のうちには結果を出したい!」

と思っているなら、男の子用・女の子用潤滑ゼリーはあまりおすすめできません。

 

お金がかかる

男の子・女の子を授かる確率をあげる方法には、お金をかけずにできるものもあります。

たとえば、タイミング法。男の子用・女の子用潤滑ゼリーと併用して行うことが多いこの方法ですが、排卵日を予測して、女の子ならその2日前、男の子なら排卵日当日に性交するというものです。

また、男の子用・女の子用潤滑ゼリーを自作するという方法もあります。女の子なら膣内を酸性に傾けるためにライムを、男の子なら膣内をアルカリ性に傾けるために重曹を使って自分で男の子用・女の子用潤滑ゼリーを作り、それを使えば費用は数百円で済みます。

一方で、男の子用・女の子用潤滑ゼリーは通販のもので1箱(7~10本入り)で1万円~1万5千円くらい。自作の潤滑ゼリーと比べても10倍くらいのお金がかかりますね。

「希望の性別の赤ちゃんがほしいけど、お金は一切かけたくない」

と思うのであれば、男の子用・女の子用潤滑ゼリーはおすすめできません。

ただ、タイミング法だけでは確率がどうしても低くなってしまうこと、そして、自作のゼリーは衛生面のリスクがあることを考えると、個人的には市販の男の子用・女の子用潤滑ゼリーを使った方が費用対効果は高いと思っています。

1回分は1,500~2,000円くらいですので、決して捻出できない値段ではないはず。「必要経費」と考えて、プロが徹底した衛生管理のもとで適切な成分配合をしたゼリーを使って(さらに、タイミング法を併用して)挑戦した方が、いい結果を手にできる確率は高くなるでしょう。

 

副作用など体へのデメリットはある?

では、体への影響はどうでしょうか?

副作用が出るんじゃないか?

赤ちゃんに障害が出るんじゃないか?

妊娠しずらくなるんじゃないか?

こうしたデメリットを心配する声もありますが、実際のところ、

副作用や不妊など体へのデメリットはないので安心して使って大丈夫です。

実際に、通販で買えるハローベビー、ベイビーサポート、ジュンビーピンクゼリーの販売会社に問い合わせをしてみましたが、3社とも

「厳しい安全テストを行っていて、これまでに副作用が出たという報告は1件もない」

という回答でした。

デリケートなアイテムですので、体への影響を心配してしまうのは当然だと思います。

だからこそ、安全性の高い成分を使って徹底した衛生管理下で製造された日本製の男の子用・女の子用潤滑ゼリーを使うというのが重要だということですね。

 

男の子用・女の子用潤滑ゼリーのデメリットまとめ&メリット

男の子用・女の子用潤滑ゼリーのデメリットをまとめると、

デメリット

100%確実ではない

⇒絶対に成功しないとイヤという人はやめておいた方がいい

時間がかかる場合がある

⇒絶対に2~3か月で結果が出ないとイヤという人はやめておいた方がいい

お金がかかる

⇒男の子を授かりたい・女の子を授かりたいという希望があるけど、絶対にお金はかけたくない人はやめておいた方がいい

逆に男の子用・女の子用潤滑ゼリーを使うメリットは、

メリット

何も使わないより確率を上げることができる

⇒平均して70~80%の成功率という結果が出ている

早い人だと1回目で授かる場合もある

⇒長いと1年くらいかかる人もいるが、早いと1回目の使用で結果が出たという人もいる

病院と比べれば圧倒的に安く挑戦できる

⇒日本の産婦人科での診療には1回2~3万円くらい(1回で結果が出ない場合が多いので、トータルでは数十万円)、海外の病院で着床前診断に挑戦する場合は4~500万円くらい

体への副作用や障害などはなく安全に使える

⇒国産の男の子用・女の子用潤滑ゼリーは副作用や障害などの報告は1件もなく、成分も全公開されていて安心

男の子用・女の子用潤滑ゼリーのメリットだけでなくデメリットもよく吟味して、挑戦するかどうかしっかり考えてみましょう。

 

▼自分にピッタリな通販の男の子用・女の子用潤滑ゼリーを探したいなら、こちらの記事をチェックしてください。

>>迷ったらチェック!通販の男の子用・女の子用潤滑ゼリー全比較|あなたにおすすめの潤滑ゼリーは?

【当サイトおすすめ】高い成功率で選ぶなら「ハローベビー」

使用者アンケートで78%の高い成功実績

精子の動きを活発にする成分で妊活もサポート

国産成分を使って安心の国内製造

妊活サプリ「プレグナオールママ」無料プレゼント

おめでた報告で1万円分の商品券プレゼント

成功率を高める秘訣「ハローベビーチェッカー」(排卵日計算システム)

-男の子用・女の子用潤滑ゼリーの基本

Copyright© 迷ったらチェック!通販の男の子用・女の子用潤滑ゼリー全比較|あなたにおすすめの潤滑ゼリーは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.